どうして6月の結婚は縁起が良いの?知られざるジューンブライドの意味

スポンサードリンク

結婚しよう!と思った時にいろいろ夢が膨らんできますよね?

こんな夢、あんな夢…たくさん思い描きますよね?

その中でもジューン・ブライドという言葉は

誰でも1度は聞いたことがあると思います。

6月に結婚すると幸せになる。

ではなぜ雨の日が多い梅雨の時期に

結婚すると良いのでしょうか?

結婚する本人も招待客の皆様も

オシャレするのに大変です。

雨の中かもしれない式を

するだけの意味があるのかどうか…

理解してから日程を検討するのもいいと思います。

スポンサードリンク

ジューンブライドの由来!最も有力な3つの説

①イタリアには「Sposa di giugno(6月の花嫁)」

という言葉があります。

英語で言うJune Bride(ジューン・ブライド)です。

ギリシャ神話の中に、

結婚生活の守護神のヘラという方がいました。

ゼウスの正妻でとても美しい方だったようです。

浮気者の夫ゼウスのとなりで、家庭をしっかりと守っていました。

その神話の女神がローマ神話では

ジュノー(JUNO)という名前に変わります。

そして、女神の名前から英語では

6月のことをJuneと呼びます。

ジュノーが守っていた月が6月で、

その女神を祭る日が6月1日です。

6月(June)は結婚の女神に守られ

幸せになれる月ということになっています。

②ずっと昔。

ヨーロッパでも、

「冬が明けて春になると

農作物を作るために畑を耕して収穫して…」

と忙しい時期になります。

その忙しい時期に、結婚している場合ではありません。

食べることが一番重要なのに、祝ってもらえませんよね?

結婚で収穫が減ってしまわないように、

3,4,5月は結婚禁止という時代もありました。

だから、作業の落ち着く6月に一斉にみんなが結婚し、

村や町の人たちも祝福する雰囲気になったんでしょうね。

その時期に結婚する人が多くいたことが

伝統のように残ったようです。

③日本では6月は梅雨で気温も安定しませんが、

ヨーロッパでは20度~25度。

なにより雨が1年で一番少なくて気候に恵まれています。

ガーデン・パーティーをすることも多いですし、

教会で式をするとなると雨では少し困るのでしょうね。

伝統と気候が良いことが重なれば

6月に結婚したくなるのも理解できますね。

ジューンブライドが日本に広まった理由とは?

a91b3e2bbb2e9d6b0ed4e5980a1efb95_s

梅雨の時期…

6月には祝日もない結婚式をするには、ハードルの高い月。

結婚式場は売り上げ落ちますよね。

そこで40年くらい前にある老舗ホテルの方が

「ヨーロッパでは、

6月に結婚するといいと言われているようだ…」

日本でも!と簡単に考えたわけではないでしょうが

この考えが広まって現在では

誰もが知っている言葉になっているようです。

グローバル社会ですもの。

日本の風土に合わなくても、

幸せになれると言われていることならば

ドンドン取り入れるのが日本の良さですよね?

クリスマスでもなんでも受け入れてきていますから。

まとめ

f580e22c4386abc2fda9ae917ecbb37f_s

意味を知ったらちょっと???となってしまいますか?

気候や式場の都合だとしても、

ジューン・ブライドと聞くだけで、

その言葉から幸せオーラを感じます。

言葉や風習にも『気』のようなものがあり、

良い意味で使われているなら、

結婚という大事な場面では、良い物を集めればいいと思います。

意味としては、

どんなに困難な結婚生活であろうとも添い遂げるですよね。

ジュノーと同じなら。

意味を知ってジューン・ブライドになるなら

きっと幸せになれるはずです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする