どれが一番怖い病気?歯周病と歯肉炎と歯槽膿漏の違いとは!?

スポンサードリンク

歯科が大好きな人はいないですよね!

そして、

「歯は痛くないかぎり歯科に行かない!」

なんて人も多いものです。

歯の病気は結構、

甘く考えている人も多いかもしれませんね!

それだけに、

毎日のようにテレビで見かけるハミガキ粉や

ハブラシのCMですが、

必ずと

  • 歯周病予防
  • 歯肉炎専用、
  • 歯槽膿漏に効く!

など言葉が聞かれます。

実際のところ、

歯周病と歯肉炎と歯槽膿漏の違いって何だろう

思ったことありませんか?

誰もが経験してしまいそうな怖い病気だから

予防方法など紹介しますね〜

スポンサードリンク

それぞれの違いをわかりやすく解説!

健康寿命は知っていますか?

健康で元気に生活できる期間のことを言います。

健康で生活する為に絶対的に必要なことは歯の健康です。

8020運動は有名ですね!

80歳で20本の歯を残しましょうという運動です。

しかし、実際のところ、

成人の80%は歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏など

歯の病気にかかっていることが現実です。

「痛い」と感じてからじゃ遅いのが「歯の病気」なのです。

歯周病とは?

成人の多くがかかっている病気でもある歯周病ですが、

サイレント・ディシーズと言われます。

静かな病気という意味で進行しても気づかないのです。

気づいた時は歯がグラグラ、

ポロっと抜けてしまう結果になります。

1つ歯が抜けたらアウトと思っていいでしょうね!

歯周病は歯垢(プラーク)が主な原因の一つです。

歯垢は細菌のかたまりと言って良いでしょう。

歯と歯茎の隙間にガッチリと付いた歯垢は

歯ブラシだけで取ることは困難ですから

歯科に行き定期的に歯垢除去してもらうしかないです。

何故、歯周病にかかってしまうかと言えば、

生活習慣が理由ですね!

バランス悪い食事、運動不足、アルコール摂取、

睡眠不足など原因です。

歯周病菌がつくる毒素は、口の中の血管から体内に侵入して、

糖尿病や心臓病になるケースもあるのです!

怖すぎますね!歯周病・・・

歯肉炎とは?

4637e83695bde9147d923495efdcc788_s

歯茎が腫れてくることを、歯肉炎と言います。

リンゴを食べたり、ハミガキをしていたりすると

血が付いていることや、混じっていることがありますよね!

こちらも歯垢(プラーク)が主な原因と言って良いでしょう。

甘く砂糖が多く含む食べ物を食べたり、

ハミガキを怠ったりすることで、

歯垢は増殖してバランスを失い歯肉炎は悪化して行きます。

症状としては、

歯茎が赤く腫れること、

歯と歯茎の境目がハッキリせず凸凹になります。

また血が出る、細菌が増殖することで

強い口臭がするようになります。

歯槽膿漏とは?

歯槽膿漏と聞くと、

お父さんや年配の人をイメージしてしまいそう。

実は歯槽膿漏は、最も怖い病気と言っても良さそうです。

歯を支えている歯槽骨から、

膿が漏れるという状態を歯槽膿漏と言い、

簡単に言えば歯周病の重度状態を言うのです。

コレは意外とビックリです!

要するに、歯を支える歯槽骨がドンドンと溶けて行き、

歯と歯茎の間に溝は深くなり、

歯垢がドンドン入り込み骨を破壊して行くのです。

もちろん濃が出て強い口臭の原因にもなります。

そのまま放置すれば、

歯はグラグラになり抜けてしまいますね!

症状は、歯茎が下がることで知覚過敏になり

・冷たい物がしみる。

・骨が支えられないことで食べ物が食べにくくなる。

・病気や疲れている時に免疫が下がり、

急性の炎症を起こし歯茎の大きな腫れや痛みを起します。

簡単に説明すれば、歯周病は軽度の状態なら歯肉炎、

重度になるにつれて歯槽膿漏と考えて良いと思います。

あとは、成人の80%がかかる歯周病を

なんとか予防できる方法を知りたいですね!

プラークコントロール

d58e7d794780ee0defde2633d751307f_s

プラークコントロールとは歯垢を溜めないこと、

付着させないことです。

大事なことは、

  • 毎日のハブラシ
  • 歯間ブラシ
  • デンタルフロス

がおすすめ!

食事をする度に、残念ですがプラークは附着します。

いかに附着した物を取り除く作業が、大切になってきます。

歯周病予防ハミガキ粉だけで、安心しないでくださいね!

大事なことは、ハミガキ粉よりもハブラシの仕方ですよ。

食生活の改善

歯周病予防で大事なことは、

プラークを増やさない附着させないと言いましたが、

プラークの大好物は甘い砂糖です。

糖分の多い食事やお菓子は、

当然のようにプラークのエサとなり増殖します。

そのまま眠ってしまったら・・・考えただけでも怖いですね!

睡眠不足

睡眠不足は体力、抵抗力を落とす、

大きな原因の一つです。

夜更けまでスマホ、パソコン、テレビなど

夜更かしは危険ですよ!

抵抗力が落ち、実際に睡眠時間になっても寝付けない!

当然、深い良い睡眠は得られず歯軋り、

歯を強く噛むことで歯周病の傾向を早めてしまいます。

運動不足の原因が、

睡眠不足を引き起こすとも言われています。

日中は程よい汗をかき、

夜は寝る生活を心がけてくださいね!

禁煙

実はタバコを吸う人の歯周病リスクは、

2~7倍と言われています。

タバコは歯周病を悪化させるだけじゃなく、

せっかく治療していてもタバコを吸っているかぎり

治らないとも言われます。

歯周病になりたくないなら禁煙は必須です。

まとめ

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

10代~30代に多い歯肉炎、

30代~60代に多い歯槽膿漏ですが、

全て歯周病の仲間なのですね!

朝晩、食後のハミガキは徹底的にすること。

一番大事なことは、

当たり前の生活をすることなのかも知れませんね。

ですが、世の中は糖分脂質が多く含まれた美味しい物や

夜更かししたくなる楽しい情報が溢れているわけです。

誘惑が多いワケで理解できているけれど、

出来ないのが現実・・・

歯は全身をつなぐ大切な存在、

人間にとって美味しい物を食べることは、

最大の喜びです。

何年先も何十年先も楽しく過ごせるように、

ちょっと苦手な歯科も、

マメに定期健診しておきたいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする