知らなきゃヤバイ!?デスクワークで腰痛を引き起こす本当の原因

スポンサードリンク

ずっとイスに座っていると、

だんだん重くなってくる腰。

それが痛みに変わり、ずっと続く・・。

すぐに痛くなる腰、なかなか取れない痛み。

その原因、知りたくないですか?

原因が分かれば、

きっと今よりも楽になれます。

腰痛についてしっかりと知り、

予防・改善していきましょう!

スポンサードリンク

椅子に座り続けるとナゼ腰痛になるの?

腰痛の最大の原因は、血行不良です。

あなたは、椅子に座っている時、

どんな姿勢をしていますか?

足を組み、背もたれに体重を預け、

逆に背中を丸めていませんか?

その姿勢が、血行不良を引き起こしています!

そして、長時間の血行不良が、

腰の痛みを引き起こしてしまうのです。

そもそも、腰のどこの部分が

痛みを発生させているのでしょうか。

それは、主に筋肉です。

筋肉は、血の流れが悪くなると

硬くなっていきます。

筋肉にとって、血液はガソリンそのもの。

燃料の足りなくなった筋肉は、

十分に動くことができなくなります。

そうして硬くなった筋肉が、

神経も圧迫してしまい、痛みが発生します。

長時間座る

姿勢が固まる

血行不良

筋肉カチカチ

腰痛

これが、腰痛の原因となるのです。

腰痛の予防法 & 改善法をご紹介!

9e6f47b88e1b13db23092208d6f2dc93_s

デスクワークでずっと椅子に座りっぱなし。

「痛くなってくる腰・・・」

「でもお仕事だから仕方ない・・」

と、思い込んでいませんか?

諦めちゃダメですよ!

腰痛には、ちゃ〜んと、

予防方法と改善方法がありますからね。

さきほど、動かないと筋肉が硬くなり、

血行不良になると伝えましたね。

では動きましょう!

といっても、お仕事中に運動なんて出来ません。

なので、お仕事中でも、

その場からほとんど動かずして、

腰の筋肉をほぐす方法を紹介します。

☆プチ伸び☆

朝起きた時などに、バンザイをしながら

体をグゥ~っと伸ばす、アレです。

伸びは、縮こまった筋肉を

ゆるめる効果が期待できます。

そこで、このプチ伸びのコツを伝授します!

コツ其の1

『全ての動作をゆっくりと』

伸びの開始から終了までの動作

(手を降ろすところまで!)を、

ゆっくりとしてください。

ゆっくり伸びをした方が、

筋肉がゆるみやすいです。

コツ其の2 『呼吸を止めない』

伸びをしている間は、

呼吸を止めずにやりましょう。

特に呼吸の仕方に決まりはありません。

自分が楽と感じる呼吸をしてください。

回数の目安として、1日に3回です。

もちろん、それ以上してもOKです!

☆フラフープ運動☆

フラフープのあの動きは、

腰やその周りの筋肉をしっかりと刺激します。

軽い運動になるので、血行も良くなります。

『ええっフラフープなんて疲れるし・・』

と思うかもしれませんが、

そんなことはありません!

実際はフラフープを使わずに、

その動きだけをマネします。

①足を肩幅に広げます

②ゆっくりした動きで、

腰を【時計回り】・【反時計回り】に、

各10回ずつ回します。

たったこれだけです!

腰を回すことで、腰の筋肉がしっかりと使われ、

血流が少しずつ良くなります。

血流が筋肉の老廃物をゆっくりと流していくので、

筋肉が柔らかくなるのです。

このフラフープ運動は、

最初は思うように腰を回せないかもしれません。

でも諦めずに続けてください!

ちゃんと続けることで、筋肉は応えてくれます。

☆同じ姿勢を続けない!

同じ姿勢のまま15~30分以上我慢していると、

筋肉が硬くなっていきます。

お仕事中、スキを見つけて姿勢を変えてみてください。

定期的に、先程紹介した『プチ伸び』をするのも効果的です。

最後に

e87e9b91ef4fa4658e835999ba6b741e_s

いまや、腰痛は多くの人が抱えるつらい症状。

特にデスクワークの場合はその悩みも一押し。

でも、これは改善できるのです。

腰痛の起こる原因を知ったいま、

放置するなんてとんでもない!

今日、ここでお伝えした腰痛の原因、

そして予防・改善方法。

是非、これらを活用してみてください。

あなたの腰痛事情が、良い方向へ行きますように^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする